hipocket

営業時間:月〜金 09:00〜18:00

脱毛基礎知識

ブラジリアンワックスとは?使い方(脱毛方法)や特徴を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブラジリアンワックスとは?使い方(脱毛方法)や特徴を解説

デリケートゾーンのムダ毛処理によく利用されるブラジリアンワックス。名前はよく聞くけれど、どんな脱毛方法なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、ブラジリアンワックスの種類や使い方、ブラジリアンワックスで顔や髭を脱毛するメリット・デメリットについて解説します。

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスは、余分な毛を除去するために特定の部位に薄くワックスを塗布し、その後剥がして毛根ごと毛を抜く手法です。

使用するワックスは、はちみつや砂糖といった天然由来の素材がベースとなっていて、粘着性が高いのが特徴。欧米では、デリケートゾーンのムダ毛の脱毛方法として人気で、日本でもVIO脱毛への関心が高まったことから、ブラジリアンワックスが定着しつつあります。

ブラジリアンワックスは、アンダーヘアの脱毛方法だと思うかもしれませんが、実は顔や眉毛、ワキなど、全身のムダ毛の脱毛を行えます。粘膜に近い部分も脱毛できるのがメリットです。

ブラジリアンワックスで脱毛をした後、ツルツルの肌の状態が続くのは2週間程度といわれています。しかし、人によって毛周期や毛の太さ、毛量は異なるので、効果の持続期間も個人差があります。

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスの種類
ブラジリアンワックスには主に2種類あります。それぞれの特徴を紹介します。

ストリップ(ソフト)ワックス

ストリップワックスとは、粘度が高く、柔らかいのが特徴のワックスです。ワックスは扱いやすい柔らかさを持っており、そのため初めての人でも使いこなしやすいという利点があります。

また、水に基づいたシュガーワックスやハニーワックス、油を基にしたワックスなど、さまざまな原料から作られています。水性のワックスは皮膚を刺激しにくい成分なので、アンダーヘアやデリケートな部位の脱毛にも使用可能です。水で洗い流せば、使用後に残ったワックスも落とせます。

一方、油性のワックスは松ヤニなどが主成分です。粘着力が強いので毛がよく抜けますが、水性に比べると皮膚への刺激が強いというデメリットがあります。

フィルム(ハード)ワックス

フィルムワックスは通常固形で、電子レンジや湯煎で温めて溶かしてから脱毛部分に塗って使用します。事前に温める必要があるので扱いが少し面倒。しかし、ストリップワックスに比べて脱毛力は高く、太く濃い毛も脱毛できます。

絡み合って固まった毛や、2㎜程度の短い毛でも脱毛可能なのが特徴です。鼻毛や髭、VIOなど毛が濃い部分にも効果を発揮します。

しかし、松ヤニなど刺激の強い素材を使っているケースが多いので、肌が弱い方は使用できない場合もあります。使用前には必ずパッチテストを行いましょう。

ブラジリアンワックスの使い方

ブラジリアンワックスの使い方
ブラジリアンワックスで脱毛を行う場合は、ワックスをしっかり絡ませるため、基本的に1㎝以上毛を伸ばす必要があります。ワックスがしっかり定着するよう、脱毛箇所を綺麗に洗ってから水分を拭き取っておくと効果的です。

ワックスは、脱毛したい箇所に少しずつ塗るのがポイントです。広範囲ではなく、1×3㎝程度に分けて塗っていきましょう。

ストリップワックスを使用する場合は、毛の流れに沿って薄くワックスを塗ってからシートを貼ります。塗った方向と反対にシートを引きはがすと脱毛できる仕組みです。フィルムワックスはシートを使用せず、完全にワックスが固まったらそのままはがします。

引きはがす際のポイントは、皮膚を手で押さえながら一気にはがすこと。ゆっくりはがすと毛が抜きにくくなるほか、痛みも感じやすくなります。

ブラジリアンワックスで顔・髭脱毛を行うメリット

ブラジリアンワックスで顔・髭脱毛を行うメリット
先述の通り、ブラジリアンワックスはVIO以外にも全身に使用できます。ここでは、ブラジリアンワックス顔脱毛、ブラジリアンワックス髭脱毛のメリットを解説します。

自己処理が簡単に行える

女性の顔の産毛の自己処理も同様ですが、特に男性の髭の処理にはより多くの時間が必要です。髭が濃い方は毎朝だけでなく、夕方も自己処理を行うという方も少なくないでしょう。ブラジリアンワックスで顔や髭の脱毛を行えば、一般的にで2週間ほど効果が持続します。その間自己処理の手間が省けるので、カミソリ負けによる肌荒れの改善も期待できるでしょう。

即効性がある

ブラジリアンワックスは脱毛したい部分にワックスを塗ってはがすだけで脱毛が完了します。脱毛直後の肌はツルツルで、レーザー脱毛や光脱毛が完了したときのような状態になります。顔や髭をきれいにしておきたい予定があるという場合に、即効性のあるブラジリアンワックスはおすすめです。

保湿効果がある

ワックスによっては上質な保湿剤が含まれていて、脱毛後は保湿効果が期待できます。また、毛と同時にワックスで古い角質も取り除けるため、化粧水や美容液の浸透率がアップし、保湿効果がさらに高まるでしょう。

ターンオーバーが促進される

先述の通り、ブラジリアンワックスは毛を抜くだけでなく、古い角質も取り除いてくれます。古い角質がきれいになると肌の生まれ変わりであるターンオーバーの正常化が期待でき、バリア機能や保湿機能が発揮され、健やかな肌のキープに役立ちます。

ブラジリアンワックスで顔・髭脱毛を行うデメリット

ブラジリアンワックスで顔・髭脱毛を行うデメリット
一方で、ブラジリアンワックスで顔や髭脱毛を行う注意点もあります。デメリットを理解したうえで脱毛を検討しましょう。

一定以上の毛の長さが必要になる

一般的に、ブラジリアンワックスで脱毛をする場合、毛を1センチメートル以上伸ばしておく必要があることを覚えておきましょう。女性の場合、顔の毛を1㎝以上伸ばすというのは現実的ではありませんし、男性も仕事の都合上髭を伸ばせない方も多いでしょう。髭を1㎝以上伸ばさないといけないと考えると、気軽にできる脱毛ではないかもしれません。

永久的な脱毛はできない

ブラジリアンワックスの脱毛直後は肌がツルツルの状態になります。しかし、脱毛効果が継続するのは2週間程度で、また毛が生えてきてしまいます。イベントやデートに合わせて顔の毛をきれいにしたいという目的ならよいかもしれません。しかし、永久脱毛を考えている場合は、ほかの脱毛方法を検討しましょう。

強い痛みを感じる

ブラジリアンワックスの髭脱毛は、髭にワックスを塗り、一気にはがすことで抜き取る方法です。髭は濃く毛根も太いため、施術中に強い痛みを伴います。また、皮膚が薄く敏感な箇所であるため、痛みを感じやすい場所といわれています。痛みに弱い方には向いていないでしょう。

肌トラブルが発生する可能性がある

ブラジリアンワックスは素早くワックスを引きはがすため、肌に大きな負担がかかります。脱毛後は肌が赤く腫れ、かゆみを伴うケースも。また、一気に毛を抜くことで毛穴が開きっぱなしになり、細菌などが入り込むリスクもあります。そのほか、髭を引き抜く衝撃でメラニンが分泌され色素沈着が起こる可能性もあります。このように、さまざまな肌トラブルを引き起こす恐れがあるため、肌が敏感な方や肌トラブルを避けたい方にはおすすめできません。

常にきれいな状態を保ちたい場合は光脱毛がおすすめ

常にきれいな状態を保ちたい場合は光脱毛がおすすめ
ブラジリアンワックスについて解説してきました。脱毛箇所にワックスを塗って引きはがすため、脱毛直後は肌がツルツルな状態になります。即効性を求めたい方にはよい脱毛方法です。しかし、毛を1㎝以上伸ばす必要がある、肌トラブルを引き起こしやすい、2週間程度して効果が持続しないなど注意点もあります。常に肌をきれいな状態にしたい方は光脱毛がおすすめです。

はいぽけっとのepi Moveは、SHR脱毛とIPL脱毛の両方の脱毛方式で施術が可能なので、髭やワキなどの濃く太い毛から顔の産毛まで脱毛可能です。
全身に使用できる業務用脱毛機をお探しの方は1度ご相談ください。

epiMoveバナー

コメントを残す

*