hipocket

営業時間:月〜金 09:00〜18:00

脱毛基礎知識

クリームで永久脱毛できる?除毛クリームの効果や注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
クリームで永久脱毛できる?除毛クリームの効果や注意点を解説

自宅で簡単に自己処理を行える除毛クリーム。その手軽さゆえに、除毛クリームの使用を検討している方は多いのではないでしょうか。この記事では、除毛クリームの仕組みや期待できる効果、注意点などについて詳しく解説します。

除毛クリーム(脱毛クリーム)とは?

除毛クリームはその名の通り、ムダ毛を除去するクリームです。除毛クリームの多くには、アルカリ性の成分が配合されています。ムダ毛の主な成分はタンパク質であり、アルカリ性の成分によりタンパク質が溶けるためです。クリームをムダ毛に塗って5~10分程度置いた後に洗い流すと、ムダ毛を処理できる仕組みです。

カミソリなどで自己処理をする際、肌の表面を傷つけることや、剃り残した毛の断面が太く見えることがあります。除毛クリームを使用すれば比較的きれいにムダ毛処理ができるので、カミソリでは剃りにくいワキなどに使用するのもおすすめです。

除毛クリームの種類によって使える部位が異なり、デリケートゾーンのムダ毛処理には使えないタイプのものもあります。誤った使用方法は肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるため、使用前には指示をよく確認しましょう。

除毛クリームで永久脱毛は可能?

除毛クリームで永久脱毛は可能?
自宅で気軽に使用できるのが除毛クリームです。除毛クリームで永久脱毛ができたら便利だと思う方はいるのではないでしょうか。また、脱毛クリームとも呼ばれるため、毛が生えてこなくなるクリームだと思っている方もいると思います。しかし、あいにく除毛クリームを使用しても永久脱毛することは不可能です。その理由は、除毛クリームが表皮に現れたムダ毛のみを取り除けるためです。毛根や毛が生えるよう促す組織にアプローチする脱毛方法ではないため、カミソリなどで処理するのと実際に効果は変わりません。

もし毛根にダメージを与えられるクリームがあったとしたら、皮膚へのダメージも相当なものとなります。現在、市販されている除毛クリームはムダ毛を溶かしつつも、肌へのダメージをできるだけ抑えられるように開発されています。肌ダメージの観点から、永久脱毛できる除毛クリームというのは現実的に難しいのです。

除毛クリームで永久脱毛はできませんが、短時間でムダ毛が処理できる、カミソリより美しい仕上がりが期待できるなどのメリットを活かして上手に活用することをおすすめします。

除毛クリームの効果

除毛クリームの効果
具体的に、除毛クリームにはどのような効果があるのでしょうか。期待できる4つの効果を紹介します。

即効性がある

除毛クリームの大きなメリットの1つが、即効性があることです。先述の通り、除毛クリームはムダ毛を処理したい箇所に塗って使用するアイテムです。肌に塗って5~10分程度待ち、シャワーで洗い流すだけでムダ毛を処理できます。また、カミソリでの自己処理と違って、伸びてくる毛がチクチクしにくいため、即効性がありながら、なめらかな肌が長持ちするのも特徴です。

細部の毛穴までケアできる

普段カミソリでムダ毛を処理していると、剃った直後も剃り残しや黒いポツポツが目立つと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。また、1日経つとすぐにチクチクして肌ざわりが気になるという方もいると思います。カミソリやシェーバーは肌と刃の間に隙間ができるため、なかなかきれいに剃り切れません。

一方、除毛クリームは毛に密着するほか、毛穴にも少し入り込みます。そのため、クリームを塗った箇所のムダ毛がまんべんなく処理されるのです。また、毛を溶かして処理する方法なので、断面がチクチクしにくく、一時的ですが肌がなめらかな状態になります。

自己処理を簡単に行える

脚や腕の自己処理はカミソリやシェーバーでも難しくありませんが、肩などの手が届きにくい箇所、ひざやひじなど立体的な箇所は剃り残しが目立ってしまうでしょう。上手く剃れず、カミソリで肌を傷つけてしまった経験がある方もいると思います。

除毛クリームは、クリームを塗った箇所は基本的にムダ毛処理が行えるので、手の届きにくい箇所や立体的な箇所でも、比較的簡単に自己処理ができるのが特徴です。塗って、ある程度時間が経った後にシャワーで流すだけなので、短時間で行えるのも大きなメリットでしょう。

痛みを感じずに脱毛できる

毛抜きでの自己処理はどうしても痛みが伴います。カミソリは基本的に痛みはありませんが、肌を切ってしまう心配があります。

しかし、除毛クリームの場合、使用時に痛みを感じることはほとんどありません。肌表面の毛のみを溶かすので、正しい使用方法で行えば肌を傷つけるリスクも少ないでしょう。

除毛クリームの注意点

除毛クリームの注意点
メリットの多い除毛クリームですが、注意しなければならない点もあります。除毛クリームの4つの注意点を解説します。

肌トラブルに繋がる可能性がある

多くの除毛クリームには、毛の主な成分であるタンパク質を溶かすアルカリ性の成分が配合されています。カミソリやシェーバーと比べてチクチクしにくいなどのメリットがありますが、皮膚の表面まで溶かしてしまう可能性は否定できません。

元々肌の弱い方や敏感肌の方は、使用後に肌荒れのリスクがあります。必ず使用前にパッチテストを行い、肌荒れがないことを確認してから使用しましょう。また、使用後に念入りに保湿を行うことが大切です。

皮膚の薄い部分には使用できない

除毛クリームの種類によって使用できる箇所が異なります。例えば、VIOラインや顔など、比較的皮膚が薄い箇所には使用できない場合があります。商品の注意事項をよく読んでから使用するようにしてください。

一般的にVIOや顔に使用できるタイプのものは肌への刺激が抑えられています。毛の濃い部分には十分に効果を発揮しないケースも考えられるので、除毛したい部位に合わせて製品を選びましょう。

肌のバリア機能が低下する恐れがある

肌の弱い方は使用後に肌荒れのリスクがあると紹介しました。しかし、敏感肌でない方が必ずしも安全というわけではありません。

除毛クリームは、少なからず角質層などを削ってしまいます。炎症などの肌トラブルにはつながらなくても、肌の保湿機能が低下する可能性があります。肌本来の保湿機能が低下すると、肌が乾燥しやすくなるだけでなく、肌のバリア機能も低下し、ニキビができやすくなるなどの問題が生じる可能性があります。除毛クリームで肌の状態が悪くなってしまった場合は、使用を中止するとともに、保湿をしっかり行いましょう。それでもよくならない場合は皮膚科に相談してください。

永久脱毛の最中には使用しない

永久脱毛を受けている方は除毛クリームを避けてください。除毛クリームは毛を溶かすだけでなく、少なからず肌へのダメージを与えてしまいます。永久脱毛中はすでに肌にダメージを受けている状態です。さらに除毛クリームを使用してしまうと肌トラブルの原因となります。

永久脱毛中は毛抜きやカミソリによる処理も避けた方がよいとされています。自己処理を行う場合は、肌を傷つけにくい電気シェーバーがおすすめです。

除毛クリームで永久脱毛はできないが即効性ときれいな仕上がりが特徴

除毛クリームで永久脱毛はできないが即効性ときれいな仕上がりが特徴
除毛クリームの仕組みや効果、注意点について解説してきました。除毛クリームは一般的にアルカリ性の成分が配合されていて、毛の主成分であるタンパク質を溶かす仕組みです。

皮膚表面から出ている毛を溶かすため永久脱毛はできませんが、カミソリなどの自己処理に比べて、肌がなめらかになりやすいのが特徴です。

痛みはほとんどなく、肌も傷つけにくいというメリットがありますが、肌が弱い方は肌荒れのリスクがあります。また、VIOや顔など皮膚の薄い部分には使用できない種類も多くあるので注意が必要です。

はいぽけっとでは、全身脱毛を最短12分で行える業務用脱毛機「epi Move」を提供しています。
もちろん、VIOや顔にも使用できます。業務用脱毛機の導入を検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。

epiMoveバナー

コメントを残す

*